彼はもういない

 

「設楽ちゃん、これコピーお願い。」

 

 

 

「分かりました。」

 

 

 

 

私は先輩から書類を受け取ると。コピー機に向かう。

 

 

 

 

 

(ガシャン、ガシャン…)

 

 

 

忙しなく動く印刷機。

 

 

 

 

 

 

「瑠璃子。」

 

 

 

「桃花…。」

 

 

 

 

桃花は満面の笑みで近づくと、私の腕に絡まる。

 

 

 

 

「瑠璃子、私ね。」

 

 

 

「嫌よ。」

 

 

 

 

 

コピー機から目を離さずに即答する。

 

 

 

「まだ何も言ってないじゃない。」

 

 

 

「先輩から聞いた。今日の飲み会に一ノ瀬課長来るんでしょ?」

 

 

 

 

桃花は驚いて目を丸くする。

 

 

 

 

「行かないわよ。私は。」

 

 

 

「えー、どうしてよ。」

 

 

 

「早く帰って寝たいから。」

 

 

 

「ちょっとー。」

 

 

 

 

桃花は潤んだ瞳で私を上目遣いで見つめる。

 

 

 

 

「そんな可愛い顔してもダメ。」

 

 

 

「いいじゃん。瑠璃子も、たまにはこう言う席に顔出さないと、出会いがないよ。」

 

 

「今は求めてない。」

 

 

 

「また…。そんなこと言って。」

 

 

 

 

そう言って、私の腕をギュッと握る。

 

 

 

 

「ほらっ。これ持っていかないといけないから。」

 

 

 

「ちゃんと考えておいてよ。」

 

 

 

 

私はヒラヒラと手を振って資料を抱える。

 

 

 

 

「もう・・・瑠璃子ったら。」

 

 

「本当に、行かないのね?」

 

 

 

 

会社を出る寸前まで粘る桃花に私はため息をつく。

 

 

 

 

「はいはい。吉井さんそこまで。設楽ちゃんもあんまりこんつめないでね。」

 

 

 

 

小川先輩はそう言って桃花を引きずっていく。

 

 

 

 

「お疲れ様でした。」

 

 

 

先輩と、完全にふてくされる桃花にお辞儀をしてパソコンに向き直る。

 

 

 

「お先に失礼します。」

 

 

 

「お疲れ様です。」

 

 

 

 

ゾロゾロと退社していく人たち。

 

 

キリの良いところで書類をまとめ終わると私は大きく伸びをする。

 

 

 

 

「はぁー、疲れた。」

 

 

 

 

そう言って椅子にもたれかかる。

 

 

 

 

 

チラリと時計を見ると、もうすぐ21時になろうとしていた。

 

 

 

きっと今頃、桃花は一ノ瀬課長の隣でよろしくやっている頃だろう。

 

 

 

もうすでにデスクには誰も残っていない。

 

 

「泰斗…。」

 

 

 

 

ポツリと名前を呼んみる。

 

 

 

 

彼のことだから、名前を呼んだら走って私のところに来てくれそうな気がして。

 

 

 

 

 

もう彼はいないのに。