最愛の彼を探し続けて

 

「小川いるか?」

 

 

 

 

ドアの方で声がして、私は振り返る。

 

 

 

 

「…すいません。小川チーフは帰宅されました。」

 

 

 

「そうか。」

 

 

 

 

わたしがそう言うと、男の人はため息をつく。

 

 

 

 

「伝言でしたらおあずかりします。」

 

 

 

 

私はそう言って彼に近づく。

 

 

 

 

「あぁ…メモ用紙あるかな?」

 

 

 

「はい。」

 

 

 

 

私は大きな付箋を取り出して、彼にボールペンを手渡す。

 

 

「ありがとう。」

 

 

 

 

彼は綺麗な達筆で要件を書くと封筒を差し出す。

 

 

 

 

「これを一緒に渡しておいて。」

 

 

 

「かしこまりました。」

 

 

 

 

私は小さくお辞儀をしてデスクに戻る。

 

 

 

 

「ねぇ。」

 

 

 

「はい?」

 

 

 

 

男の人はドアに寄りかかりながら私を見つめる。

 

 

 

 

「設楽 瑠璃子さんでしょ?」

 

 

 

「…そうですけど。」

 

彼は腕を組みながら小さく笑う。

 

 

 

 

「…だね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい?」

 

 

 

「いや、何でも。必ず渡しておいてね。」

 

 

 

 

 

静かに締まるドア。

 

 

 

 

「なんて言ったんだろう。聞き取れなかったけど。」

 

 

 

 

私は首をかしげて小川チーフのデスクに封筒を置く。

 

 

 

 

「そろそろ帰ろうかな。」

 

 

 

 

 

そう言ってパソコンの電源を切る。

 

 

夕方まで降り続いていた雨はすっかり止んで、

 

 

 

窓から入り込んできた生ぬるい風が肺を満たしていく。

 

 

 

 

 

 

あぁ、梅雨が明けたら夏が来る。

 

 

 

 

 

 

彼がいなくなってからもうすぐ2年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねぇ。泰斗。

 

 

 

 

 

私はまだ君のこと探してる。