べっぴんさん

暑いカンカン照りの日。

 

 

 

 

私は紺のワンピースを着ると、真珠のネックレスを首にかける。

 

 

 

 

そして、彼からもらった婚約指輪を右手の薬指にはめると、蒸し暑い外に足を踏み入れた。

 

 

 

 

彼の地元へ向かう電車に乗り込んで小さくため息をつく。

 

 

 

 

心地よく冷房の風が当たる電車内。

 

 

 

彼の墓前に手向けるための百合の花を膝において、静かに目的地に向かう。

 

 

 

 

いつもなら完全に会社にいる時間。

 

何だか。

 

 

 

少しだけ…高校の時にやったずる休みのような感覚を思い出す。

 

 

 

 

 

「瑠璃ちゃん、こっちだよ。」

 

 

 

 

「おじさん。お久しぶりです。」

 

 

 

 

「いやー、また別嬪さんになったね。」

 

 

 

 

「いやいや。」

 

 

 

 

 

私はそれに少しだけ笑って彼のお父さんの車に乗り込む。

 

 

 

 

 

「わざわざ駅まで迎えに来てもらってすいません。」

 

 

 

「いいんだよ。ここは田舎だからね。バスなんて滅多に来ないんだから。」

 

 

来てくれてありがとう。

 

 

 

 

おじさんはそう言って寂しそうに笑った。

 

 

 

 

 

「いえ。泰斗の三回忌ですから。」

 

 

 

 

私はじっと握り締めた指を見つめる。

 

 

 

 

「あら、瑠璃子ちゃんよく来たね。」

 

 

 

 

彼の実家に着くなり、おばさんに強い力で抱きしめられる。

 

 

 

 

「お久しぶりです。」

 

 

 

 

そう言って笑うと、おばさんはハンカチで涙を拭った。

 

 

「本当に…よく来てくれたね。」

 

 

 

「はい。泰斗に…会いに来ました。」

 

 

 

 

おばさんは私の顔を見てまた泣き出す。

 

 

 

その肩を優しく抱きしめるおじさん。

 

 

 

 

 

「みんなは先に来て、お参りは済ませてるんだ。私達はこれから行くから一緒に行こうか。」

 

 

 

「はい。」

 

 

 

 

私は、泰斗の両親と一緒に彼の眠るお墓に向かう。

 

 

 

 

 

遠くでワンワンと喚く蝉の声。

 

 

 

首筋を流れていく汗。

 

 

 

 

 

 

その中を静かに、静かに歩きながら彼のもとに向かう。
暫く歩くと、目の前に墓地が広がって線香の匂いが其処ら中に立ち上る。

 

 

 

 

「泰斗、瑠璃子ちゃんが来てくれたよ。」

 

 

 

 

そう言っておばさんは墓石に水をかける。

 

 

 

 

「泰斗…来たよ。」

 

 

 

 

私は百合の花を綺麗に生けると、彼の好きだった水ようかんを飾る。

 

 

 

 

そしておばさんたちの横で静かに手を合わせる。

 

 

 

 

「泰斗…元気にしてた?私は相変わらずだよ。でも仕事はうまくいってる。」

 

本当に他愛の無い話。

 

 

 

目の奥にいる彼は優しく笑いながら、私の話に楽しそうに頷く。

 

 

 

 

 

 

 

 

泰斗…。

 

 

 

 

 

私の右手に銀色に光る彼の愛の証。

 

 

 

 

私は片割れの指輪を墓前に置く。

 

 

 

 

 

「これ、ちゃんと受け取ったからね。」

 

 

 

 

泰斗、君は今どんな顔をしているだろうね。

 

 

 

 

 

私は静かに腰を上げる。

 

 

 

 

 

「瑠璃子ちゃん。泰斗と話できた。」

 

 

 

「はい。言いたいことがありすぎて困ります。」

 

 

 

 

そう言って笑う。