愛の力

 

次の日。

 

 

 

会社に行くと桃花がぐったりとデスクに突っ伏すのが見えた。

 

 

 

 

「おはよう。」

 

 

 

「…おはよー。」

 

 

 

 

桃花はそう言ってガラガラになった声で挨拶を返す。

 

 

 

 

「すごい声だね。」

 

 

 

「吉井は昨日やけ酒したのよね。」

 

 

 

 

 

小川先輩は苦笑いしながら桃花の頭を撫でる。

 

 

 

 

「やけ酒?」

 

 

 

「…来なかったの。」

 

 

「何が?」

 

 

 

「一ノ瀬課長が来なかったの。せっかく会えると思ったのに。」

 

 

 

 

力なく答える桃花。

 

 

 

 

「急な仕事が入ったみたいでね。」

 

 

 

「そうなんですか…。」

 

 

 

「あー。頭痛い。」

 

 

 

 

そう言って桃花はこめかみをさする。

 

 

 

 

 

「昨日の吉井は凄かったわよ。浴びるように飲んでたからね。」

 

 

 

「そりゃ、痛いわ。」

 

小川先輩は桃花の頭の上に封筒を落とす。

 

 

 

 

「じゃあ、そんな吉井にお使いを頼むわ。これ一ノ瀬の所に持って行って。」

 

 

 

「本当ですか?」

 

 

 

 

桃花は勢いよく立ち上がると、嬉しそうに目を輝かせる。

 

 

 

 

「ちゃんと渡してきてね。」

 

 

 

「はい、行ってきます。」

 

 

 

 

そう言って、髪の毛を整えると急いでデスクを出て行った。

 

 

 

 

「すごいですね。」

 

 

「愛の力よ。」

 

 

 

 

そう言って小川先輩はお腹をかかえて笑う。

 

 

 

 

「そんなにいいんですかね?一ノ瀬課長って。」

 

 

 

「あら?設楽ちゃんは会った事ないっけ?」

 

 

 

「すれ違いはしますけど。いつも女の子に囲まれてるから顔は見てないです。」

 

 

 

「そっか。一度見てみたらいいのに。」

 

 

 

「いえ、私は。」

 

 

 

「一ノ瀬はいい奴よ。」