ウワサの課長

 

小川先輩はにっこり微笑む。

 

 

 

 

「そうなんでしょうね。」

 

 

 

 

 

 

桃花があれだけ好きになる人だから。

 

 

 

 

 

 

「やばい、やばい。」

 

 

 

 

暫くすると桃花が絶叫しながら戻ってきた。

 

 

 

 

 

「吉井、うるさいって。」

 

 

 

「やばいです。カッコ良すぎて死にそう。」

 

 

 

「はいはい。吉井が元気そうで良かったよ。」

 

 

 

 

私はその様子を眺めながらパソコンを動かす。

 

「失礼。」

 

 

 

 

男の人の声。

 

 

 

その瞬間。

 

 

 

 

 

「きゃー、一ノ瀬課長。」

 

 

 

 

 

桃花を筆頭に部署の女子が彼に駆け寄る。

 

 

 

 

 

あぁ。あの人、昨日の…。

 

 

 

 

「君、渡してくれって言ったもの置いていったでしょ?」

 

 

 

 

そういって苦笑いしながら書類を桃花に渡す。

 

 

 

 

「す、すいません。」

 

 

 

 

完全にパニックになっている桃花は、小さく震えながら書類を受け取ると大事そうに抱え込む。

 

 

「噂をすればなんとやらね。」

 

 

 

 

私の隣でその様子を楽しそうに見ている小川先輩。

 

 

 

 

「随分おモテになるんですね。」

 

 

 

「そりゃね。彼紳士だから。」

 

 

 

「へぇー。」

 

 

 

 

そう言って、完全にハーレムと化している入口に目を向ける。

 

 

 

 

すると、

 

彼がチラリとこっちを向いた。

 

 

 

 

 

一瞬だけ。絡まる視線。

 

 

 

 

 

私はすぐに視線を逸らして作業の続きを始める。

 

 

「じゃあ、俺はこれで。」

 

 

 

 

数多くのファンにぎこちなく笑うと、一ノ瀬課長はさっさとデスクを後にする。

 

 

 

 

彼がいなくなってからも、ぼーっとしたままの桃花。

 

 

 

 

「設楽ちゃん、早くお昼行かないと吉井に捕まるわよ。」

 

 

 

「はい、さっさと終わらせます。」

 

 

 

 

完全に放心状態の桃花をそのままにして、

 

 

 

 

私と小川先輩は何時もより早くキーボードを打った。