梅雨明け

 

「はぁー。」

 

 

 

会社の制服を脱ぎながら何度目かのため息をつく桃花。

 

 

 

 

「もう、いい加減にしなさいよ。」

 

 

 

「初めて喋った…。」

 

 

 

 

桃花はそう呟いて嬉しそうに頬を染める。

 

 

 

 

完全に別世界に行っている彼女。

 

 

 

 

 

私はロッカーの鍵を閉めるとドアに向かう。

 

 

 

 

「ほらっ。置いて行くよ。」

 

 

 

「あぁ、瑠璃子待ってよ。」

 

 

 

 

桃花は慌てて鞄を手に取ると私の後に続く。

 

玄関で従業員証を見せると、ひんやりとした外に出る。

 

 

 

 

「涼しい。」

 

 

 

「明後日から梅雨明けするらしいから熱くなるよ。」

 

 

 

 

そう言うと桃花は顔をしかめる。

 

 

 

 

 

「えー、汗かきたくない。」

 

 

 

「まぁね。でもデスクは寒いよね。」

 

 

 

「分かる。節電なんだからさ、もう少し上げてくれても良いと思わない?」

 

 

 

「うん。何かもうシベリアって感じだからね。」

 

 

 

2人して笑いながら歩いていると、いきなり桃花が立ち止まる。

 

 

 

 

「い、一ノ瀬課長?」

 

 

 

「えっ?」

 

 

 

 

隣を見た時。

 

 

 

桃花はすでに目の前を歩く一ノ瀬課長の方に走り出していた。

 

 

 

 

「一ノ瀬課長。今日はありがとうございました。」

 

 

 

「あぁ…君か。」

 

 

 

 

優しく桃花に笑いかける一ノ瀬課長。

 

 

 

 

 

すると彼の隣にいた男の人が桃花の顔を覗き込む。

 

 

 

 

「へぇー。君可愛いね。」

 

 

 

「えっ?」

 

 

 

「どこの部署の子?」

 

 

 

 

「あ、あの…。」

 

 

 

 

俯いて顔を赤くする桃花。

 

 

 

 

 

 

「桃花。何してんの?」

 

 

 

 

私はため息をついて、桃花の手を引く。

 

 

 

 

 

「瑠璃子…。」

 

 

 

「すいません。彼女人見知りなんです。お手柔らかにお願いします。」

 

 

 

 

そう言って男の人の目をまっすぐに見る。

 

 

 

 

「あぁ…。驚かせちゃった?ゴメンネ。」

 

 

 

 

ケラケラと笑いながら申し訳なさそうに謝る彼。