出会い

 

「おい、佐々木。失礼だぞ。」

 

 

 

 

一ノ瀬課長は、佐々木さんを小突くと私の背中に隠れている桃花に近づく。

 

 

 

 

「すまないね。気を悪くしたかな?」

 

 

 

「い、いえ。大丈夫です。」

 

 

 

 

 

桃花は顔を更にトマトみたいに赤く染めると、嬉しそうに私の服を掴む。

 

 

 

 

「お詫びにさ、何かおごるよ。今から暇?」

 

 

 

佐々木さんはそう言って笑う。

 

 

 

 

 

「いえ、私達は…。」

 

 

 

「い、行きます。」

 

 

桃花は私の背中から顔を出して、一ノ瀬課長を見つめる。

 

 

 

 

「えっ?行くの?」

 

 

 

 

 

私は顔をしかめる。

 

 

 

 

「だって…。瑠璃子、一生のお願い。一緒に来て?」

 

 

 

「はぁ?」

 

 

 

「お願い。何でも言う事聞くから。」

 

 

 

 

 

そんなこと言って。

 

 

 

私はため息をつく。

 

 

 

 

 

 

「設楽…さんですよね?」

 

 

 

「はい。」

 

 

一ノ瀬課長は優しく笑うと困ったように話を続ける。

 

 

 

 

「もし、よろしければ来てください。お詫びと言ってはなんですが。」

 

 

 

「…。」

 

 

 

 

この佐々木という男は置いておいて、小川先輩が言っていたように変な人ではないらしい。

 

 

 

 

チラリと後ろに隠れている桃香を見ると、必死に手を合わせて頭を下げている。

 

 

 

 

 

「分かりました。」

 

 

 

 

降参。

 

 

 

私は大人しく彼らについていくことにした。

 

 

 

「ビール3つと、ウーロン茶1つください。」

 

 

 

「かしこまりました。」

 

 

 

 

机の上に大きなジョッキが置かれ、白い泡がキンキンに冷えたグラスを伝う。

 

 

 

 

「じゃあ、カンパーイ。」

 

 

 

 

何に?

 

 

 

 

 

 

訳が分からずに合わさったグラス。

 

 

 

 

 

 

他の3人が美味しそうにビールを飲む中、私はウーロン茶に口を付ける。

 

 

 

 

「じゃあ…君は吉井 桃香さんって言うんだね。」

 

 

 

 

「そ、そうです。あの…一ノ瀬課長は名前何ていうんですか?」

 

 

 

「匠。」

 

 

 

「へぇー。素敵な名前ですね。」