人前ではお酒は飲まない

 

あれ?なんだろう。これ合コンじゃないよな。

 

 

 

 

目の前で女子力をフル総動員している桃香。

 

 

 

私はそれを眺めながら小さく微笑む。

 

 

 

 

「設楽ちゃんは飲まないの?」

 

 

 

「えっ?」

 

 

 

 

佐々木さんはニコニコしながら私のとなりに腰掛ける。

 

 

 

 

「あぁ・・・。人前ではあんまり飲まないんです。」

 

 

 

「へー。何かすごい癖があるとか?」

 

 

 

「いや・・・そういうわけじゃなくて。」

 

昔、大学生の時。

 

 

 

 

 

ゼミの飲み会で完全に酔いつぶれたことがあった。

 

『あぁ、瀬尾くん。こっちこっち。』

 

 

 

『瑠璃子こんなに飲んで。』

 

 

 

『あー、泰斗だー。』

 

 

 

 

上機嫌に笑い続ける私。

 

 

 

泰斗はため息をつくと私をおぶる。

 

 

 

 

『ごめんね。瑠璃子は俺が送っていくから。』

 

 

 

 

周りの子に謝りながら泰斗は夜道を歩く。

 

 

 

 

『瑠璃子。お前もう人前で酒飲むな。』

 

 

 

『えー、何で?』

 

 

 

『俺がいる時はいいけど。その他では飲んじゃダメ。』

 

 

 

『・・・。』

 

『心配なの。それに…。』

 

 

 

 

こんな可愛い姿。見ていいのは俺だけだから。

 

 

 

 

そう言って笑う泰斗。

 

 

私は夢現で彼の首に抱きつく。

 

 

 

 

『分かりました。』

 

 

 

『よろしい。』

 

 

 

『泰斗。』

 

 

 

『何?』

 

 

 

 

 

私はね。

 

 

 

 

君のことが…たまらなく。

 

 

 

 

 

 

『好きよ…。』

 

『俺も。』

 

 

 

 

君は嬉しそうに笑ったね。

 

 

 

満面の笑みで笑う彼。

 

 

 

 

 

そう、それから私は人前ではお酒は飲まない。