彼氏がいない彼女がいない

「設楽ちゃん?」

 

 

 

「あっ。いえ。あんまり強くないんです。」

 

 

 

 

そう言ってウーロン茶に口を付ける。

 

 

 

 

「一ノ瀬課長はその・・・お付き合いされている方はいらっしゃるんですか?」

 

 

 

「えっ?俺?」

 

 

 

 

 

彼は一瞬だけ私の目を見る。

 

 

 

 

「いないよ。」

 

 

 

「本当ですか?」

 

 

 

 

 

お店の中で絶叫する桃香。

 

 

 

 

おいおい喜びすぎだから。

 

 

 

「俺もいないよー。」

 

 

 

 

そう言って佐々木さんは一ノ瀬課長の肩を組む。

 

 

 

 

 

「吉井ちゃんは彼氏いないの?」

 

 

 

「いないです。」

 

 

 

 

 

一ノ瀬課長の目を真っ直ぐに見つめながら即答する桃香。

 

 

 

 

「へー、こんなに可愛いのにね。設楽ちゃんは?」

 

 

 

「あぁ・・・私は。」

 

 

 

 

そう言いかけて俯く。

 

「瑠璃子もいませんよ彼氏。」

 

 

 

 

私の代わりに桃花が答える。

 

 

 

 

 

「良い人いたら紹介してあげてください。」

 

 

 

「いや、結構です。」

 

 

 

 

私はそう言って桃香を睨みつける。

 

 

 

 

 

「へー。2人とも意外だね。俺桃香ちゃんにアプローチしちゃおうかな。」

 

 

 

「こ、困ります。」

 

 

 

 

 

そう言って一ノ瀬課長の目を見る桃香。

 

 

 

 

 

あぁ、何かもう面倒くさい。

 

 

「すいません。ウーロン茶お願いします。」

 

 

 

 

私は今日、何杯目かのウーロン茶を注文した。

 

 

 

 

 

「つまりですね・・・私の理想はカッコよくて、紳士で、優しい人なんですよ。」

 

 

 

「そうなんだ。」

 

 

 

 

あれから完全に酔っ払った桃香。

 

 

 

 

一ノ瀬課長にしなだれかかりながら潤んだ瞳で見つめる。

 

 

 

 

「桃香、ほらっ。そろそろ帰るよ。」

 

 

 

「えー、もう少し一ノ瀬さんとお話ししたい。」