溜息

 

「あんたそれ以上やったら二度と話しかけられなくなるよ。」

 

 

 

「そんなことないもん。」

 

 

「やだよ。明日私首絞められそうだもん。」

 

 

 

 

そう言って桃花の腕を引っ張る。

 

 

 

 

 

 

「もう、瑠璃子だって新しい恋を見つけないとダメなんだよ。」

 

 

 

 

桃花の言葉に私は固まる。

 

 

 

 

 

「瀬尾くんは・・・もういないんだから。私、瑠璃子には幸せになって欲しい。」

 

 

 

 

 

そう言って寝息を立て始めた桃花。

 

「もう・・・。」

 

 

 

 

私はそう言って俯く。

 

 

 

 

一ノ瀬課長と佐々木さんは顔を見合わせると私の顔をジッと見つめる。

 

 

 

 

 

「さてと、そろそろお開きにしますか。」

 

 

 

 

佐々木さんはそう言って、桃花を抱える。

 

 

 

 

「あ、あの・・・。」

 

 

 

「大丈夫。タクシーまで運ぶだけだよ。そんな犯罪者にしないで。」

 

 

 

「す、すいません。」

 

 

私は桃花の荷物を持って佐々木さんの後に続く。

 

 

 

 

「すいません。百合野町までお願いします。」

 

 

 

「かしこまりました。」

 

 

 

 

 

私はそう言ってタクシーに乗り込む。

 

 

 

 

「今日は、ご迷惑をおかけしてすいませんでした。」

 

 

 

「いえ、こちらも楽しかったです。」

 

 

 

 

 

一ノ瀬課長はそう言うと私に名刺を渡す。

 

 

 

 

 

 

「私のです。何かありましたら。」

 

 

「はい。」

 

 

 

 

私は素直にそれを受け取る。

 

 

 

 

「では、気をつけて。」

 

 

 

「おやすみなさい。」

 

 

 

 

 

タクシーが見えなくなるまで見送る2人。

 

 

 

 

 

隣で完全に寝ている桃花の頭を膝に載せると、私は窓の外を眺める。

 

 

 

 

次々に流れていく夜景の景色に少しだけ寂しさを覚える。

 

 

 

 

何か…今日は疲れたな。

 

 

 

 

 

私は小さくため息をついた。