私の彼はもういない

 

「匠、お前が言ってた子って設楽ちゃんのこと?」

 

 

 

 

 

何も言わない隣の男に小さく笑う。

 

 

 

 

「まだ、忘れられないんだな。」

 

 

 

「そうらしい。」

 

 

 

「これは手強いぞ。」

 

 

 

そう言って苦笑いを浮かべる佐々木。

 

 

 

 

 

彼女を乗せたタクシーが見えなくなるまで。

 

 

 

 

それを目で追い続ける。

 

久しぶりに間近で見た彼女。

 

 

 

 

 

「あぁ…。でも。」

 

 

 

 

益々君を知りたくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

あの日から彼女は、何も変わってない。

 

 

「小川先輩。」

 

 

 

「どうしたの、設楽ちゃん?」

 

 

 

 

 

コーヒーを飲みながら、小川先輩はにこやかに笑う。

 

 

 

 

「来週の火曜日。お休みさせていただきたいんですけど。」

 

 

 

「あら?何か用事?」

 

 

 

 

 

 

 

「彼の…三回忌なんです。」

 

 

 

 

 

そう言うと、小川先輩は小さくため息をついた。

 

 

 

 

「もう2年も経つのね。」

 

 

「はい。」

 

 

 

「良いわ。この際だからゆっくりしてきなさい。」

 

 

 

「ありがとうございます。」

 

 

 

 

深くお辞儀をしてデスクに戻る。

 

 

 

 

 

私は小さく息を吐きながら、パソコンの画面を見つめる。

 

昨日、久しぶりに大学の友達から連絡が来た。

 

 

『もしもし瑠璃子?』

 

 

 

『久しぶりだね。』

 

 

 

『今度の瀬尾くんの三回忌だけど、美希達はどうしても仕事抜けられないらしくて。』

 

 

 

『そうか。みんな忙しいもんね。』

 

 

 

『向こうの準備はおばさんがやってくれるみたいだから安心して。』

 

 

 

『分かった。』

 

 

 

 

 

 

『じゃあ…当日にね。』

 

 

 

 

『うん。』

 

一年に一度。

 

 

 

彼はもういないんだと再確認する日。

 

 

 

そして、影も形もない彼に会いに行ける日。

 

 

 

 

「もう二年か。」

 

 

 

 

 

何だか、長いようで短かった。

 

 

 

 

お花、何にしようかな。

 

 

 

 

仕事をしながらぼんやりとそんなことを考えていた。

 

 

 

 

「泰斗…。」

 

 

 

 

 

 

私は、この日が嫌いだよ。